FC2ブログ

ダックスな生活

2013年12月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2014年02月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2014年01月
ARCHIVE ≫ 2014年01月
      

≪ 前月 |  2014年01月  | 翌月 ≫

白馬の宿で。。

みなさん、こんにちは。


旅行のときはいつも一緒の
クッキーとバーディー。

ペットホテルにあずけるのは
私たちも寂しいから
北海道のパパさんの実家に遊びに行くときくらいかな。

だけど今回みたいに旅行に連れていっても
ケージでお留守番って
クッキーとバーディーにとってどうなんだろ・・

ずっと一緒にいられるんだったら
それはもちろん嬉しいんだろうけどね。


というのが
実は、滑ってる途中に
宿の方から私の携帯に電話が入って
「クッキーちゃんが少し前にお水を吐いたんですが
今もフードのようなものを吐いちゃったんです」って。

何かあったら私の携帯に連絡くださいって
番号をメモしていってたから。

エリカラのバーディーの事も心配だったし。

オーナーさんから電話もらった時は
クッキーってたまにゲッてやる子だし
そのまま様子見てくださいっていって
電話を切りました。

夕方戻ったら
談話室から今夜私たちが泊まる部屋に
ケージごと移動させられてました。

20140112-20140103_172145.jpg 
去年ほどじゃなかったけど
ケージの飛び出し防止のネットが凄いことに!

パパさんが補強してくれたのも
全く意味なし。

エリカラつけてこれですから。


でね、部屋に帰ってきたら
やっぱりクッキーの様子が変。

呼吸が早いし体全体で呼吸してて苦しそう
それに呼吸のときにいびきのような音がしたり
シューシュー音もした。

オーナーさんに近くの動物病院を教えてもらったけど
お正月で白馬ではやってる病院がなく
車で一時間かかるけどそこなら・・と。

この後、徐々に症状も安定していったので
様子を見ることにしたんだけどね


20140112-20140103_171631.jpg 
おやつを見せて
目では追うけど動いてまで来ようとしない。

食いしん坊クッキーが
本当に調子悪いんだって思った。


 20140112-20140104_093845.jpg
(イメージ:写真は翌朝のだけど)

だけどこの日の夕ご飯の残りを
持ち帰ると喜んで食べてくれたから
食欲あるし大丈夫かなーーって少し安心できた。

普段強い子が突然こんなふうになったから
本当にびっくりした。

クッキーの調子が悪くなった時
小型犬ではあまりないけど私が疑ったのは胃捻転。

経験したお友達にも電話したんだけどつながらなくて
だけどそのうちに症状も落ち着いていって
呼吸が早いのはしばらく続いたんだけど
心配してたような大きな病気じゃなかったから本当に良かった。


20140112-20140103_181203.jpg 
旅行に行くとバッグの中が
バーディーの寝床。


page14010501.jpg 
これは宿での夕飯。

ここは食堂にはペットは一緒に行けないから
お部屋でお留守番。


20140112-20140104_100335.jpg 
次の日のチェックアウトの時にいた
看板犬のビビちゃん。

まだ3歳くらいかな。

いつまでもやんちゃなビビちゃんに
オーナーさんも困ってるんだとか^^


帰りはいつもなら
大王わさび農場に寄って
散歩して帰るんですが
この日はクッキーの体調を考慮して
そのまま名古屋まで帰ってきました。

結局何が原因だったのかわからないけど
クッキーは今とっても元気です。


ストレスや疲れからきてたのなら
旅行で私たちに付きあわせるのも考えなきゃね・・。



今日も遊びに来てくれてありがとう
スポンサーサイト
お出かけ | Comments(9) | Trackbacks(-)